2017-10-06 (Fri)
こんにちは♪ マリンママです。


琵琶湖周辺観光の最終地は長浜です。


1nagahama.jpg

長浜は豊臣秀吉公の城下町。
楽市楽座で栄えた商人のまちです。



2nagahama.jpg

現在、長浜駅前周辺は黒壁スクエアと呼ばれ
黒壁ガラス館を中心に雑貨店やアトリエなどが軒を並べる
観光エリアとなっています。




3nagahama.jpg

明治や大正時代の建物を利用したお店が多いので
レトロな街並みを散策することができます。




4nagahama.jpg

黒壁銀行の愛称で親しまれた「第130銀行長浜支店」の建物が
黒壁スクエアの「黒壁1號館」。
明治時代に造られた黒壁の木造洋館の銀行が
今は黒壁ガラス館として再利用されています。
このエリアには黒壁の建物が「黒壁30號館」まであります。



京都の祇園祭、岐阜県高山市の高山祭とともに
日本三大山車祭りに数えられているのが
ここ長浜市の長浜曳山まつりです。

5nagahama.jpg

山車が収められている曳山博物館です。
曳山祭りは毎年4月に開催されるそうです。





7nagahama.jpg



8nagahama.jpg



18nagahama.jpg

気になるお店が道の両側にいっぱい。

ガラス製品を扱うお店が多いです。
街角にガラスのピラミッド出現。水が流れ落ちています。
町のあちこちにガラスのオブジェがあって癒しの空間になっています。

マリン達をパパさんに任せてさあらのママさんとお店を覗いて回りました。





9nagahama.jpg

パパさん達が夢中になったのはこのお店です。




10nagahama.jpg

海洋堂フィギアミュージアム黒壁 龍遊館。




11nagahama.jpg

私は知らなかったのですがマニアの聖地らしいです。
マリン達をおいてパパさん達が龍遊館の中に消えていきました。


パパが中で撮ってきた展示物の写真の一部です。

12nagahama.jpg


13nagahama.jpg


14nagahama.jpg

あまりにも多いので他は省略。



1階のショップはワンコもOK。
トカゲのフィギアがあったのでカナチョロ好きのマリンに買ってあげようとしたら
大きすぎて無視されました。
本物じゃないとダメなのね。



おもしろい写真が撮れました。
マリン、後ろに恐竜が!!

15nagahama.jpg

恐竜に負けない大きなお口ですね。



16nagahama.jpg

おすまししてもダメ。
バッチリ写っていましたよ。



17nagahama.jpg

いっぱい歩いたのでちょっと休憩しましょうか。



黒漆喰の古民家を改造した雰囲気のいいカフェを発見。
お店の前に休憩できる縁台が置いてあったので
そこで飲食したいとお願いしたら快諾していただけました。

縁台の前にテーブルまで運んで来てくれたんですよ。

19nagahama.jpg

カフェ叶 匠壽庵 黒壁店さんのクリームあんみつ。
ほうじ茶寒天や粒餡、白玉が入っています。
またまたスイーツ食べてる(笑
ホテルの朝食を食べ過ぎたので昼食を食べずにスイーツ三昧。

街のあちこちにちょっと休憩できる和みのスペースがあるのがいいですね。

午後3時ごろまで長浜スクエアを散策して帰途につきました。





さあら家に帰ってきたのは夜の8時過ぎだったかな。
さあらのパパさんは次の日お仕事だったので夜更かしせずに就寝。


翌朝、さあらのパパさんの出勤を見送ってから
帰る前にちょっとだけ庭で遊びました。




23nagahama.jpg





21nagahama.jpg

マリン、そろそろさあらちゃんとお別れですよ。




20nagahama.jpg

さあらちゃんにボールを返してください。




22nagahama.jpg

今回の旅行もすっかりさあら家にお世話になってしまいました。

楽しい思い出とお菓子をいっぱい車に詰め込んで自宅に帰りました。



24nagahama.jpg

さあら家から木彫りのマリンを頂きました。
作家さんに特注して作っていただいた世界に1つしかない木彫りのマリンです。
マリンいそっくり。
作家さんは作るのに大変苦労したそうです。ありがとうございました。

早速マリングッズコーナーに飾りました。



これで2017年さあら家との秋旅行記は終了です。

最後までお付き合いありがとうございました。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(2) |
2017-10-05 (Thu)
こんにちは♪ マリンママです。


いよいよさあら家との秋旅行も最終日となりました。

ホテルをチェックアウトして向かった先は、、、


1taga.jpg

最近パワースポットとして注目を集めている多賀大社です。

御祭神はイザナギノミコトとイザナミノミコト。
この2神は日本神話に最初に出てくる神様で
成婚して日本の国土を造り、 続いて天照大神をはじめとする
八百万(やおよろず)の神々をお産みになりました。

「お伊勢参ればお多賀にまいれ、お伊勢お多賀の子でござる」という俗謡は
ここからきているんですね。

生命(いのち)の親神様であることから、昔から「延命長寿・縁結び・厄除け」の
神様として信仰を集め、多賀大社の分祀社は全国239社を数えるそうです。

滋賀県一の大社です。



3taga.jpg

大きな石造りの鳥居です。
遠くから写真を撮らないと全形がフレームに納まりません。
結果マリン達は米粒のように小さくなってしまいました。
これではどこにいるか分かりませんね。


こちらに来た目的はワンコ達の「延命長寿の祈願」と
さあらのママさんの新車の「自動車交通安全祈祷」のためです。


4taga.jpg

祈祷所で車のお祓いをしていただいた後、
拝殿で祈祷していただきます。



5taga.jpg

車の祈祷所から歩いて境内に向かうと赤い鳥居がたくさん見えてきました。



6taga.jpg

う~ん、鳥居に隠れたつもりでも体がはみ出してますよ。マリンパパ。





7taga.jpg

こちらは金咲稲荷神社の鳥居です。
多賀大社の境内にはこの様な神社が12カ所あります。
目的に応じて参拝するといいですよ。



8taga.jpg

赤い鳥居の先に手水舎がありました。





9taga.jpg

手水舎で身を清めてからお詣りです。
マリンもね。




10taga.jpg

多賀大社の拝殿です。
拝殿の奥に神楽殿・幣殿・本殿の屋根が見えます。




11taga.jpg

拝殿前でお参りした後、さあらのパパさんとママさんは
御祈祷のために拝殿の中に入って行きました。



12taga.jpg

さあらちゃんは私達と一緒に休憩所でお留守番。




14taga.jpg

拝殿前の砂利をどけています。
大勢の人たちが地面にLEDライトを敷き詰めて砂利を戻す作業をしていました。


休憩所に置いてあったパンフレットを見て分かりました。

15taga.jpg

9月30日から11月30日まで多賀町内の4つの社寺を
ライトアップする「神あかり 結のチカラ」というイベントが行われるので
その準備をしていたのです。



多賀大社がライトアップされるとこうなるみたいです。↓

16taga.jpg
(中日新聞社のHPから写真をお借りしました)

多賀大社の境内には、六基のサーチライトと
住民手作りの電球「祈りの石ころ」一万個を設置したそうです。

私達が行った時は「祈りの石ころ」を設置しているところだったのです。




17taga_201710042315355e6.jpg

境内の片隅に「長寿石」がありました。
白い石に願い事を書いて納めると本殿の庭に敷いてもらえ
長く祈念していただけるそうです。

私も長いごとを書きたくて白い石をどこで手に入るのか
辺りを探しましたが見つかりませんでした。



18taga.jpg

見つからなかったので「延命長寿」のお守りを2ワンに授けました。



後で知ったのですが多賀大社といったら、、

19taga.jpg

この杓子が「お多賀杓子」と言われる有名なしゃもじ。
このしゃもじでご飯をよそうと長生きできるそうです。
境内にも絵馬じゃなくて願い事が書かれたしゃもじが吊り下げられていたのを見たような・・・

まっいいか。


さあらのパパさんとママさんが戻ってきました。

白い石が祈祷所にあったからマリンとさあらちゃんの長寿の願い事を書いて
納めてきましたと聞いて目頭が熱くなりました。
さあら家もマリン家も考えていることは同じ。2ワンの健康と長寿です。




御神門と大鳥居の間に石の太鼓橋がありました。
かなりカーブがキツイですね。

これって本当に人が渡れるの?
って思って見ていたら、、、、、

21taga.jpg

渡っている人がいますよ。。。さあらのパパさんです。
さあらのママさんも渡りました。そしてマリンパパも。
みんなチャレンジャーですね。


この橋は「太閤橋」といって、太閤秀吉が母親の病気平癒を祈って
奉納した米一万石で築造されたそうです。

昔から多賀大社は延命長寿のご利益がある神社なんですね。




22taga.jpg

多賀大社の門前にはお土産物屋さんが並んでいます。


ここで有名なお土産といったら

23taga.jpg

糸切り餅。

白い米粉の餅にピンクとブルーのラインが入っています。
中にはこしあんが入っています。

お土産に買おうと思って箱を手に取ったら店員さんが
「賞味期限が1日なんですが・・・」と教えてくれました。

自宅に戻るのは2日後。自分用に買って今日中に食べるしかないのか・・・

大きな箱から小さな箱に替えようとしたら
さあらのママさんが「3個入りのがあったよー」って
別のお店で買ってきてくれました。

家に帰ってからどころかその場で食べてしまいました。
柔らかくておいしかったですよ。

この糸切り餅にも謂れがあります。
気になる方はググってみてね。


この日もお菓子から始まりました。
いったいどれだけ和菓子・洋菓子を食べたり買ったりしているのか(笑
2017年さあら家との秋旅行はウマウマスイーツの旅になってしまいました。


旅行記、もう1回続きます。



今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(2) |
2017-10-03 (Tue)
こんにちは♪ マリンママです。


今回マリン家たちが予約したお宿は琵琶湖湖畔に隣接する
ドッグリゾートホテル「BIWA DOG」さんです。


車が到着するとスタッフさんが荷物を運ぶカートを車の傍まで持ってきてくれます。
さあら家とマリン家の二家族分の荷物なので1台のカートには納まりきれません。
買い込んだお菓子も車の中に置いておけないので全部下ろしました。
大量の荷物はスタッフさんがチェックインの手続きをしている間に
お部屋まで運んでくれました。



2biwadog1.jpg

ロビーのソファーに座ってチェックインの手続きです。
おしぼりとウェルカムドリンクが運ばれてきました。
ウェルカムドリンクはアルコール入り(水色)か
ノンアルコール(オレンジ色)を選ぶことができます。



3biwadog1.jpg

ドッグランの利用カードもここで渡されます。




4biwadog1.jpg

家族ごとに記念写真を撮影してもらってからお部屋に案内されます。



5biwadog1.jpg

客室はすべて3階。
入り口にマリンとさあらちゃんの名前が表示されていました。



6biwadog1.jpg

お部屋は6タイプあります。
マリン家たちは夜も一緒に過ごせるように
一番広い68㎡のフォースルームを予約しました。



7biwadog1.jpg

真ん中のリビングルームを挟んで寝室が2つ。
それぞれにダブルベッドが2つずつ。
ワンルームだけどほどほどのプライバシーは保たれる作りになっています。
お部屋が扇型の不思議な形をしているので私の撮った写真では分かりにくいですね。
気になる方はこちらをご覧ください。→ポチッ


広いバスルームと洗面台にはボウルが2つ。
お風呂は2階に大浴場があるのでそちらを利用しました。

ワンコ用グッズや人間用のアメニティグッズもすべてそろっています。



30biwadog1.jpg

窓を開けるとバルコニーに出られます。
お部屋にはコーヒーのドリップマシンが置いてあるので
ここで琵琶湖を眺めながらコーヒーも飲めます。



9biwadog1.jpg

なんといってもここからの眺めが最高です。




10biwadog1.jpg

早速外のドッグランに行ってみました。

テーブルに置いてあるのはワンコ用のウェルカムおやつです。
ササミジャーキーと馬肺チップが2ワン分用意されてました。



11biwadog1.jpg

建物の後ろ側です。
矢印のところがマリン家たちが泊まっているお部屋です。




12biwadog1.jpg

敷地内にはドッグラン付きのコテージが5棟。




13biwadog1.jpg

敷地の外は琵琶湖です。




14biwadog1.jpg

広いドッグランが3面あります。
一番狭いドッグランでもこの広さがあります。
マリンとさあらちゃんしか遊んでいませんでした。



15biwadog1.jpg

さあらちゃんはクンクンに夢中。
マリンはさあらのパパさんに遊んでもらいました。




16biwadog1.jpg


17biwadog1.jpg

相変わらずのお転婆ぶり。



18biwadog1.jpg

呆れ顔のさあらちゃん。



19biwadog1.jpg

そろそろ夕食の時間ですよ。




20biwadog1.jpg

夕食は1階のレストランで。
ワンコのためにカートが用意されてました。



21biwadog1.jpg

まずはビールで乾杯。
アルコールが飲めないさあらのママさんとマリンパパはソフトドリンクで。



それではお料理の数々をご覧ください。

22biwadog1.jpg


23biwadog1.jpg


24biwadog1.jpg

メインは近江牛です。
ステーキと味噌漬けのどちらか選べます。


25biwadog1.jpg

ちょっとずつですがこれだけ食べるとお腹いっぱいになりました。



26biwadog1.jpg

最後はデザート。



27biwadog1.jpg

本日のお品書きです。

いや~、食べた。食べた。


レストランの横にはカフェバーもあって、
飲み足りない人はそちらで夜11時まで利用可です。



28biwadog1.jpg

お部屋に戻ると早々とベッドインしている子がいました。
ママ達はまだおしゃべりしているから先に寝ていてください。
お部屋の中ではソファーの上もベッドもワンコOKです。


つづく~~。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(6) |
2017-10-02 (Mon)
こんにちは♪ マリンママです。


琵琶湖周辺の観光の目玉といったら、、、

1hikone.jpg

彦根城です。
彦根藩主井伊家が築城し、その均整のとれた美しさから天下の名城として知られています。
今はゆるきゃらアイドルひこにゃんに会える場所として有名です。


表門から入ったところで写真を撮っていたら
隣の博物館に人だかりができていました。



2hikone.jpg

ひこにゃんがいました!!
彦根藩主を雷雨から救ったという招き猫をモチーフにした
彦根市のゆるきゃらひこにゃんです。

1日3回登場してゆる~いパフォーマンスを披露してくれるそうです。


3hikone.jpg

ひこにゃんの周りは人がいっぱいで近づけませんでした。


さて、入城券を買って中に入ろうとしたら
受付の人が石段が120段あるからカートはここに置いてったほうがいいですよと
アドバイスしてくれました。
マリンのカートは入り口に置きましたが、さあらのパパさんが
さあらちゃんのカートにマリンを入れて運ぶというのでお願いしたら、、、



4hikone.jpg

エアバギーは重い。
3人ががりで担ぎ上げています。
結局、マリン達には歩いてもらって空のカートをさあらのパパさんが運ぶことに。。。

みなさん、彦根城に行くときはカートは持って行かないほうがいいですよ。



5hikone.jpg

鐘の丸と本丸を繋ぐ橋まで上ってきました。

鐘の丸で待っていたさあらのパパさんと合流。



7hikone.jpg

鐘の丸で少し休憩。



6hikone.jpg

橋の上で記念写真。

これで石段が終わったと思ったのは大間違い。



8hikone.jpg

天秤櫓をくぐると太鼓門櫓までまた石段が。。。
スロープはありません。


太鼓門櫓をくぐると本丸です。
やっと平坦な場所に出ました。



9hikone.jpg

ここにもひこにゃんがいました。
看板ですけどね(笑

一応記念写真。




10hikone.jpg

これが国宝5天守のひとつ彦根城です。
国宝になっている天守は松本城(長野県)、犬山城(愛知県)、姫路城(兵庫県)、松江城(島根県)と
この彦根城だけなんですよ。




11hikone.jpg

彦根城と記念写真。





12hikone.jpg

飼い主は息がハァハァなのに楽チンで上って来たマリンとさあらちゃんは
にっこにこです。




13hikone.jpg

ワンコはお城の中に入れないので本丸周辺をウロウロ。



20hikone.jpg

無料で撮影していただいた集合写真。
顔消しするのがもったいないくらいみんな笑顔です。



お城を観光した後はランチです。
「彦根市でワンコOKのカフェ」ググったらこちらのお店がヒットしました。



14hikone.jpg

「Moku Moku」さんです。
一見普通のお家にしか見えなくて通り過ぎちゃいました。




15hikone.jpg

お花に囲まれたテラス席がワンコOKです。




16hikone.jpg

草木に囲まれた落ち着いた空間です。
お店の人はとても親切で席に座る前に虫よけスプレーをかけてくれたり
空いているイスを持ってきてワンコを乗せる席も作ってくれました。



17hikone.jpg

お勧めは「ごちそうランチ」
メインのお料理が4つの中から選べます。




19hikone.jpg

玄米ご飯に山盛りのサラダ。
そしてメインのお料理がとても美味しかったです。
ご飯はお代わりできますと言われましたがこれだけでお腹いっぱいになりました。



18hikone.jpg

ブランコに乗せられたさあらちゃんです。


ここでゆっくり休憩してからお宿に向かいました。


つづく~~。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(6) |
2017-10-01 (Sun)
こんにちは♪ マリンママです。


さあら家との秋旅行2日目です。

かつて豊臣秀次が開いた城下町、近江八幡を散策しました。
豊臣秀次は豊臣秀吉の姉の子で豊臣家の2代目関白。
羽柴秀吉と名乗っていたころ琵琶湖東岸一帯を治め、
八幡山にお城を構えました。
お城の周辺は近江八幡と呼ばれ商人の町として栄えたそうです。


1himure.jpg

近江八幡のシンボル、日牟禮八幡宮にお詣り。
駐車場に車を停めて荷物を下ろす間
マリンをひょいと置いた場所は神社の警備本部前でした。

マリン、そこでちょっと周囲に怪しい人がいないか見張っていてね。




2himure.jpg

日牟禮八幡宮の楼門です。




5himure.jpg

ワンコはバッグインでOKと巫女さんに確認したので
マリンを連れてお詣りしてきました。



3himure.jpg

楼門をくぐると拝殿があります。
早朝なので参拝者も少ない。
神社の関係者が境内のお掃除をしていました。



4himure.jpg

拝殿でお詣りします。



8himure.jpg

拝殿の奥には神殿があります。




6himure.jpg

神殿にもお詣りしました。


日牟禮八幡宮は平安時代の創建の神社で
中世以降は近江商人の信仰を集めた場所です。

神社の周辺は古民家が立ち並び、石畳の道は続いています。



9himure.jpg

日牟禮八幡宮の隣にお菓子の「たねや」さんのお店発見。
昨日の草に覆われたモダンな「クラブハリエ ラ コリーナ」とは雰囲気が違う和のお店。
まだオープン前だったので写真だけ。



城下町には八幡掘と呼ばれる水郷が張り巡らされています。

10himure.jpg

時代劇の撮影にも使われる場所だそうです。




11himure.jpg

八幡掘を散策してみることに。。。




12himure.jpg

八幡宮ではバッグインだったのでマリン達を歩かせてみました。




13himure.jpg

豊臣秀次が八幡山のふもとに城下町を開いたとき、
当時の交通幹線であった琵琶湖を往来する荷船を
すべて八幡に寄港させるために設けられた運河が八幡堀です。



14himure.jpg

屋形船で八幡掘巡りもできるようです。



15himure.jpg

途中の橋で撮影。
橋の橋桁が舟の形をしていました。




16himure.jpg

八幡掘の途中で気になる建物を発見。




17himure.jpg

一見、蔵のように見えますが、、、





18himure.jpg

「かわらミュージアム」という瓦専門の展示館でした。
近江八幡の伝統産業が八幡瓦なんだそうです。



19himure.jpg

中には入りませんでしたが敷地内のあちこちに大きな瓦が展示されていました。




20himure.jpg

更に気になったこの葦がぶら下がったエリアは何???



21himure.jpg

「ヨシ 灯り展」の飾り付けだったようです。
夜にライトアップされると幻想的な雰囲気を楽しめるようです。


駐車場に戻る途中で、さっき通った時は開店前だった「たねや」さんが
開店していました。



23himure.jpg

店の外に設けられた縁台で焼きたての「つぶら餅」をいただきました。
アツアツで美味しかった。
お茶はサービス。親切な店員さん達でした。

ここは「たねや 日牟禮乃舎」で主に和菓子専門店。
通りの向かい側に洋菓子専門の「クラブハリエ 日牟禮館」があります。

和菓子の美味しさに目覚めたママ達。
昨日バームクーヘンをあんなに買ったのに
ここで日持ちする和菓子の買い込み。

お菓子ばかり買いこんで車に運び込むママ達に
パパ達の呆れた視線が、、、。

こうしてトランクルームに入りきれなくなった荷物(お菓子)が
車内を占領するようになってきたのでした。

それでも「あのお菓子もおいしそうだったよね。」、「あれも買いたかった。」と
お菓子の話で盛り上がるママ達なのでした。



つづく~~。



今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(6) |