-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| スポンサー広告 |
2010-08-17 (Tue)
永崎海岸から車で走ること5分、海岸からは霞んで見えた高い建物が
はっきり見えてきました。

1misaki.jpg

三崎公園の『いわきマリンタワー』です。  高さ59.99m(微妙な数字です )

海抜106mのタワーの展望室から、いわき一円が一望でき、
屋上の「スカイデッキ」からは360度の大パノラマが楽しめます。

2misaki.jpg 3misaki.jpg

マリンタワーを中心とした三崎公園内には緑の芝生を敷きつめた広場と自然遊歩道があり、
バーベキューのできるバーベキュー広場や、ピクニック広場、音楽堂などが点在しています。


34misaki.gif 



4misaki.jpg

正午近くになるといくら海辺でも暑いです。

売店でかき氷を調達。マリンも氷の部分を少し食べました。

5misaki.jpg

ピクニック広場に移動する途中でパピヨンに会いました。
3ヶ月のアクア君。
あれっ、マリンとアクア君。併せると「アクアマリン」だね。

この近くに『アクアマリンふくしま』という水族館があるんですよ。

この場所にぴったりの2パピです。

6misaki.jpg

ピクニック広場です。

7misaki.jpg 

「広いね。」

見渡す限りきれいに手入れされた緑の芝生が広がっています。
起伏を生かした広場に木々が点在し、遊具も置かれています。

ずっと先は見えません。どこまで続いているんだろう。

8misaki.jpg

さっそく木陰にビニールシートを敷いて休憩。

おもいっきりノーリードで遊ばせたいけど、あちこちで家族連れのお客さんが、
お弁当を広げているのでマナー違反です。

こんなに気持ちのいいところがあると分かっていたらママ、お弁当作って持てくればよかった。
ごめんね。お水とおやつしか持ってないの。

9misaki.jpg

パパはこんなところでもう寝ています。

「そうだ、マリン。ちょっとパパとここで待っててよ。」

パパにくっついて休んでいるマリンを置いてママはそっと出かけました。

10misaki.jpg

15分くらいでママが帰ってきたときのマリンの笑顔。
パパは寝ていて気づきません。

「お弁当買って来たよ。」

11misaki.jpg

マリンタワーのそばにシーフードレストラン『メヒコ』があります。
そこでテイクアウト用の「カニピラフ」を買ってきました。

カニはパパの大好物。さっき近くを通ったときもカニのにおいがしてて、
「ここはワンコ入れないよなあ。」って残念そうに言っていたくらい。
メヒコは茨城県を中心に、東北・関東圏にチェーン店がたくさんあります。
お店の中が水族館になってたり、フラミンゴがたくさんいたりするんですよ。

マリンはいつものビーフホルバーで、みんなおいしくピクニックランチです。


12misaki.jpg 13misaki.jpg

お外で食べるっておいしいね。
マリンもご機嫌です。

14misaki.jpg

ワンコ連れの方もたくさんいましたが、あまりにも広すぎて近くを通りません。

15misaki.jpg

マリン「ここならフリスビーを上手にキャッチできそう。」

16misaki.jpg

次に向かったのは、公園の一角にある『潮見台』 岬から海にに向かって張り出している展望台です。

高飛び込み台の上にでもいるようです。下を見ると怖い。
高所恐怖症の人はやめたほうがいいですよ。

17misaki.jpg

潮見台からは岩壁を洗う白波と、透き通った海底を眼下に望むことができます。
海水浴をしている人もいるようです。

18misaki.jpg


小名浜港の埠頭に立つ海鮮市場、『いわき・ら・ら・ミュウ』に来ました。

マリン「今、ママはお魚市場でお買い物中です。パパと外で待っているんだけど
なかなか帰ってこないの。夕御飯はきっとおいしいお魚が食べられるかも。」

マリンの後ろ、遠くに見えるのが『アクアマリンふくしま』水族館です。

やっと帰ってきたママが「次のところに行くよ~。」って。

まだ行くところがあるの~。

マリンのハードな旅は続きます。また明日・・・。




今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



スポンサーサイト
| ドライブ | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。