2010-12-03 (Fri)
昨日の『大内宿』から南下すること15分。

1heturi.jpg

駐車場に車を止めて降りた途端元気いっぱいのマリンです。

そう焦らないで。

2heturi.jpg

次の名所『塔のへつり』というところにやってきました。

「へつり」とは、この辺(会津地方)の方言で、川岸が切り立った崖となっている所の事を言います。


3heturi.jpg

昭和18年(1943)に国指定天然記念物に指定されています。


4heturi.jpg

よくテレビドラマ(サスペンス物)の撮影にこの場所が使われたりするんですよ。

川(阿賀川)が百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返した結果
出来上がった見事な景観です。

ぎしぎし と揺れる吊橋を渡れば、川面近くまで行くことができます。


5heturi.jpg

ママ、吊り橋まで降りて行くよ。

時々カメラを覗いたまま歩いているとつまづくことが・・・。


6heturi.jpg

全長200mにわたって、大規模な奇岩が整列しているんだって。

新緑や紅葉の頃は一際美しいのでしょうが、残念ながら松以外の樹木にほとんど葉は残っていません。
雪が降ってもきれいなところです。寒いですが・・・。


7heturi.jpg

あっ。またそんなところから首を出して。


8heturi.jpg 

マリンは高いところが怖くないの?

かなりの高さがあり、真下は底が見えるくらいきれいな川が流れています。


9heturi.jpg

落ちたら大変なのでパパが下まで抱っこして行くことに。


10heturi.jpg

吊り橋の上まで来ました。

吊り橋は、渡る人が多ければ多いほど不規則な「ゆれ」が起こります。
体が宙に浮くような感じがします。

11heturi.jpg

ここでも下を見ようとしています。
怖いもの知らずのワンコです。

ここから落ちたら助けられないよ。


12heturi.jpg

塔のへつりの圧倒的な景観は古くから自然崇拝的な信仰の対象とされたそうです。
新緑、紅葉、雪景色と四季それぞれの風情が楽しめます。


13heturi.jpg

吊り橋の上から見える景色です。


14heturi.jpg

吊り橋の終点まで行って戻ってくるマリンです。


15heturi.jpg

まるで揺れるのを楽しんでいるかのようです。
ママはビクビク。半分しか渡れませんでした。


どうしても写真撮影に夢中になっているパパとマリンから
遅れてしまうのですが、

16heturi.jpg

マリンはこうして時々立ち止まって、ママが追いつくのを待っててくれます。
心配してくれているのかな。うれしいよ。

この戻っていく途中のお土産物店に入ると、必ずお味噌汁を勧められます。(サービス)
「味噌汁でも飲んで温まっていがんしょ。」(訳:温まっていきなさい)
と声掛けられます。

『お味噌』が店の商品なんです。ほかに山菜、きのこなど並んでいます。


17heturi.jpg

おでんも一皿頼んで店の中で食べました。

普通の煮込みおでんなんですが、ここにも甘めの味噌だれが
かかっています。
マリンは玉子の黄身の部分をパパからもらいました。


18heturi.jpg

駐車場に戻ってきました。

心配しなくてもママはちゃんと後ろにいるから。


19heturi.jpg

行ったこと、見たことある人も多かったと思いますが、これで大内宿と塔のへつりの紹介を終わります。


帰りは国道289号線を通って白河に抜けます。

この通称「甲子道路」が去年開通したことによって首都圏からの
観光客が増加し、一時渋滞が起きるほどでした。


20heturi.jpg

途中「道の駅 しもごう」で休憩。


21heturi.jpg

平成21年4月27日にオープンしたばかりです。
県内の「道の駅」では、最も標高(863m)が高いそうです。


道の駅3

上から見るとこんな感じです。

枯れてはいますが、この芝生の丘を見たからには、

23heturi.jpg 24heruri.jpg

やっぱり走るしかないでしょう。

25heturi.jpg 27heturi.jpg

猛ダッシュ!!

28heturi.jpg

わんこと休憩するのにもってこいの場所ですよ。



今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 福島観光大使犬 | COM(6) | TB(0) |