2011-07-31 (Sun)
おはようマリン。

初めてのところでぐっすり眠れたかな。

1karu5.jpg
軽井沢2日目の朝です。

夜パラパラ雨が降ったようですが、2日目もいい天気。
ペンションの周りを軽く散歩したら、朝ごはん。

2karu5.jpg
やっぱり日本人。和食がうれしい。

昨日は3食とも洋食だったので、ご飯と味噌汁はおいしかった。
食後にジュースとコーヒーが出てきました。
このペンションは夜も和食のコース料理です。
マリン家は1泊朝食付きで予約したので夕飯は外食です。


しっかりご飯をおかわりしてお腹がいっぱいになったところで、
今日は自転車を借りてサイクリングに行くよー。

3karu5.jpg
マリン初自転車かごにイン。

飛び出さないか心配でしたが、意外とおとなしくしています。
ペット用のかごじゃないからじっとしていてね。

4karu5.jpg
自転車に乗って出発。

メインストリートから少し中に入ると、木立に囲まれた静かな別荘地。
朝の空気がさわやか。

5karu5.jpg
マリンちゃん、なかなか様になっているよ。


6karu5.jpg
まず『雲場池』に到着。
 
ここも軽井沢の観光コースの定番。

7karu5.jpg
水面に映る木々、のどかに泳ぐカルガモ、とても落ち着いた雰囲気の場所です。

「スワンレイク」とも呼ばれ、1周20分くらいで回れます。

27karu5.jpg
天皇陛下も、軽井沢を訪れた際は必ず、この雲場池でお散歩を楽しまれるそうです。


9karu5.jpg
のんびりと歩いて1周しました。
ここは無料の駐車場がないので、自転車か歩いてくるのがベストです。

前に来たときは、桜の花が咲いていました。
雰囲気は10年前とまったく変わっていません。

10karu5.jpg
この池は、鹿島の森にある御膳水を水源とした雲場川を、
せき止めてつくられた人工の池です。

そのため常に水の流れがあり透明度の高い水質なんだそうです。

11karu5.jpg
『御膳水』目指して出発。


12karu5.jpg
『御膳水』は「ホテル鹿島ノ森」の敷地内にあります。
江戸時代より軽井沢宿に宿泊する大名・公家・門跡に
ここの水が供されたということで、御膳水という名の由来となっています。
明治天皇が明治11年9月6日に軽井沢本陣に宿泊した際にも
この水が供されたとそうです。

案内板から下に降りて行く道があります。
マリンはピョンピョン降りて行きます。

元気だね。

13karu5.jpg
ここが水源地です。
草がうっそうと茂っているので分かりにくいですね。

それにしても鳥のさえずりしか聞こえないいい場所です。

遊歩道が続いているようですが、何処まで続いているのか分からないので
自転車まで戻ります。


14karu5.jpg
このあたりは高級別荘地。木漏れ日の降りそそぐ広い敷地に
瀟洒な建物が建っています。
普段は誰も住んでいないのに、落ち葉もほとんどありません。
きっと庭師さんが手入れしているんでしょうね。

マリンを乗せて今度は繁華街を目指します。

15karu5.jpg
聖パウロカトリック教会です。
昭和10年に建てられて以来、軽井沢のシンボルです。
ここで結婚式をあげるカップルもたくさんいます。

両手を挙げ穏やかな眼差しを投げかけているのは『聖フランシスコ様』

16karu5.jpg
教会の前の通りだから『チャーチストリート』って思ったら
このビルの名前だった。

旧軽井沢銀座通りに出ました。
頼めば人力車で観光できますよ。(有料)

17karu5.jpg
この通りはマリンを乗せたまま走るのは危険です。

自転車を引いて歩きました。

18karu5.jpg
そろそろお昼にしようか。

御蕎麦で有名な『川上庵』さんです。

19karu5.jpg
離山通りに面したウッドデッキのオープンテラス席は
ペット連れでも一緒にお食事できます。

20karu5.jpg
天せいろです。

なぜかマリンのマイ茶碗を持ち歩いています。
マリンにもお蕎麦とかぼちゃの天ぷらをおすそ分け。

あのーマリンさん。もう少しセレブ的に食べられないものでしょうか。

21karu5.jpg
おやおや、自転車の箱乗りしたりして。

危ないですよマリン。


22karu5.jpg
しゃれたお店を見つけたのでママだけお買い物。

外でママを待っているとパピちゃんに遭遇。
さっきお蕎麦屋さんでもお会いしましたね。

23karu5.jpg
ペンションに戻って休憩。
マリンは夕方のお出かけに備えて眠ってしまいました。

・・・・

夕方です。
24karu5.jpg
外から部屋の中を写そうとしたらマリンに気づかれました。


25karu5.jpg
マリン。これから軽井沢プリンスショッピングプラザに行くかい?

空が暗くなって来たのが少し心配です。





今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(20) | TB(0) |
2011-07-30 (Sat)
『タリアセン』で午後の散歩を楽しんだマリン家はお宿に向かいました。
軽井沢にはワンコと泊まれるところはたくさんあります。
ドッグラン付きのリゾートホテルやペンションは北軽井沢や南軽井沢に
たくさんあるようです。

でもマリン家は交通の便を考えて新軽井沢に宿を決めました。

1karu4.jpg
2泊お世話になるペンション『ウエハラ』さんです。

ここは1日1頭のみワンコOKのペンションです。
軽井沢のメインストリートに面していて、旧軽井沢銀座には歩いて5分の距離です。

2karu4.jpg
新しい建物ではありませんが、掃除も行き届いていて、
広いお風呂も貸切で入れ、眠るだけが目的の私たちには
申し分のないお宿です。
そして料金がお安い。
朝食もおいしかったですよ。

新軽井沢に車を置いておけば、どこにいくにも便利です。
そして、歩いて旧軽銀座に行けるのが1番の魅力かな。

チェックインを済ませ、旧軽銀座通りに行くことに。

目的は、『似顔絵描きのおじさん』を探すためです。

3karu4.jpg
通りに出ると自転車と観光客で歩くのが大変。
マリンはショルダースリングに入ってもらうことにしました。

このワンコバッグは友だちワンコのお下がりです。
先月購入したものは目立ちすぎるからこちらを持ってきました。

4karu4.jpg
マリン初のバッグインデビューです。
なんか表情が冴えませんねぇ。
イヤなのかなぁ。

でも人込みは危ないからね。

5karu4.jpg
いろんなお店がありましたよ。

なるべく人が写らないように写真を撮りましたが、
日曜日の夕方ですから観光客でいっぱいです。

        6karu4.jpg
ここは呉服屋『京林』さんの前です。

どうしてマーライオンのレプリカがあるのかは不明。 

7karu4.jpg
ニャンコグッズショップ『ねこや鈴彦』さん。
ネコの洗濯バサミです。

8karu4_20110729232724.jpg
お蕎麦とお餅屋『あづまや』さんの前。
マリンは食品サンプルを狙っています。

そして居ましたよ。似顔絵描きのおじさんが。

マリン家が軽井沢に行くと知って、似顔絵描いてもらうといいですよ。
って、ブログ『まりん日和』のまりんママさんがコメントで教えてくれました。
 マリンと名前が同じトイプードルまりんちゃんのママさんです。

似顔絵描きのおじさんはちょうど女の子をアニメ風に描いていました。
終わるのを待ってマリンを描いてもらいました。

9karu4.jpg
バッグに入っていたほうが動かなくていいというのでこのままで。


10karu4.jpg
描いてもらっている間、おじさんといろんなこと話しました。

福島から来たというと地震や放射能のことを心配してくれました。

11karu4.jpg
話しながらもおじさんの手は休みません。
マリンを素早く描いていきます。

出来上がった似顔絵は後で披露しますね。


12karu4.jpg
更に先に進むとこの『つるや旅館』さんで商店街は終わり、
この先は『軽井沢ショー記念礼拝堂』へと続いています。

目的を果たしたので、後は1軒1軒お店を覗きながら戻っていきます。

13karu4.jpg
そういえばマリンちゃん。バッグに入ってからというものおとなしいですね。
いるのかいないのか分からないくらい。
(パパはずしっと重みを感じているようですけど)

もしかしてバッグインが気に入った?

と、ここでポツポツ雨が降ってきました。
雨宿りも兼ねて夕食を食べてしまうことにしました。

14karu4.jpg
宿に戻る途中で見つけたワンコOKのお店『駅舎旧軽井沢』さん。
(写真は翌日前を通ったときに撮影しました。)

1階が売店、2階テラス部分がワンコOKのレストランになっています。

15karu4.jpg
いい加減バッグから出てきたらマリン。

よほど居心地がいいのか、なかなか出てきません。


16kaaru4.jpg
マリンだってお昼にワンコメニュー食べたじゃない。
足りないのなら宿でフードを食べればいいでしょ。
(この時点でもフード忘れてきてことに気付いてない私たち)

それにマリンもさっき『竹風堂』さんの栗あんソフトクリーム味見したよね。

17karu4.jpg
そんなことありません。
お買い物はマリンのものばっかりでしょう。

ここでビーフシチューを食べている間に雨が上がったので宿に戻りました。
(ビーフシチューの写真は撮り忘れました。)


宿に戻るとパパはお風呂に入ってさっさと眠ってしまいました。
このとき荷物の整理をしていてマリンのフードの袋がないことに気付きました。

18karu4.jpg
大丈夫。気まぐれマリンのことだからもしもフードを食べなかったときのために、
ワンコ用缶詰を4缶持ってきていますから。

マリンの大好きな鶏ささ身チーズと砂肝野菜の2種類あるよ。

19karu4.jpg
念のために用意していた缶詰が主食になろうとは・・・
でも持ってきてよかったです。

軽井沢にはドッグメニューもあるレストランもありますが、 
毎回と言うわけにはいきませんから。

この缶詰に味を占めて家に帰ってからまたフード食べなくなったらどうしよう。

20karu4.jpg
           おじさんに描いてもらったマリンの似顔絵です。

           アニメ調に描いてもたっらほうがよかったかな。
           (まりんママさんが描いてもらったまりんちゃんを見てそう思いました)

           アニメ調に描いてもらったまりんちゃんの似顔絵はこちらです。←ポチッ



21karu4.jpg
そして本日のマリン様用のお買い物。
パッチワーク柄の服と
めがね型ハーネスとリードのセット。
このハーネス新しいタイプのハーネスだそうです。

 <カザマバッグHPより
   このハーネス新しいタイプのハーネスです。
   めがねハーネスは、首を締め付けないデザイン。
   首周りにハーネスが当らないので、気管にも優しく、
   毛足の長いワンちゃんも、絡まりにくい設計です。
   また、 柔らかい革を使用し、直接肌に当る部分はスエード地になっています。
   サイズ調整が簡単で洋服の上からもでも装着でき、
   洋服とのコーディネートもしやすいデザインです。

バッグの職人さんが作ったものです。
毎週土日に軽井沢に出張しているみたい。
柔らかい本革でできています。
ママが粘ってHPのお値段よりかなり安くしてもらいました。
しかもリードは高い値段の丸めリードです。やったー。

そんなこんなで1日目終了。

翌日も朝からあちこち・・・


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(22) | TB(0) |
2011-07-29 (Fri)
中軽井沢にある『ハルニレテラス』さん・『QunQun』さんを後にして
南軽井沢に移動することにしました。

1karu3.jpg
南軽井沢にある『DOG GADEN RESORT KARUIZAWA』さんにやって来ました。

ここは食べること、ドックランで遊ぶこと、そしてショッピング(ワンコグッズ)もできる所です。

2karu3.jpg
オープンテラスから木立に囲まれたドックランがすぐに見えます。

行ったときにはまだ誰もいませんでした。

3karu3.jpg
一面ウッドチップが敷きつめられたドッグランで
森林浴しながらたっぷり遊びました。

24karu3.jpg
簡単なアジリテイがありその中でブリッジはなんなくクリアーしました。

5karu3.jpg
ドックランで遊んでいるとワンコがやってきてご挨拶です。


6karu3.jpg 
ハードルに挑戦しているときでした。

向こう側に先ほどのワンコが現れて、それを見たマリンがハードルの前で急にUターン 。
近くにワンコがいると萎縮してしまうマリンの性格。

ワンコがいなくなると楽々ジャンプできるのに・・・

7karu3.jpg
そろそろお昼近くになってきたのでお客さんが増えてきました。
みんなワンコ連れです。

私達もオープンテラスで昼食をとることにしました。

8karu3.jpg
私はパスタ、ママはキーマカレーを注文しました。

9karu3.jpg
マリンのワンコご飯もちゃんと注文しました。
ささみとキャベツです。

やっぱりマリンはフードよりこういう食事の方が食べっぷりがいい。
朝食のフードが少なめだったので、少しくらい食べさせても夕飯を控えればいいと思っていました。
(まだフードを白糸の滝に忘れてきたことに気づいていません)

食事後休んでからもう一度ドックランへ。
ドッグランにはたくさんのワンちゃんたちがいたので、
マリンは隅の方でボール遊びしました。

しばらく遊んだ後、ワンコグッズのショップへ。
食事が来る前にママはショップで欲しいものをチェックしていたようです。

10karu3.jpg
散歩バックに入れる物が多くなり、今まで使っていたバッグに
入りきらなくなっていたのでこのバックを購入。
セールで30%offでした。


さて、次に向かったのは・・・

11karu3.jpg 
湖畔に広がる自然と文化とミュージアムの『軽井沢タリアセン』です。

『タリアセン』とはウェールズ語で「輝ける額」という意味なのだそうです。
塩沢湖を中心に歴史的建造物やペイネ美術館をはじめとした3つのミュージアムや
レストランが点在する複合施設です。

建物内はワンコNGですが、湖を中心に散策したり、芝生広場で遊ばせることができます。
カフェのテラス席はワンコOKです。

12karu3.jpg
中央ゲートを通って中へ。

入口で出ていた噴水から流れている小川が中央を通って
塩沢湖に流れ込んでいます。

13karu3.jpg 
ブリキのオブジェがお店の前に飾ってありました。
このオブジェはショップでも販売されています。ワンコもありますよ。

14karu3.jpg
塩沢湖に面しているデッキまでやって来ました。

湖には沢山のボートが行き来しています。

15karu3.jpg
この建物は旧朝吹山荘「睡鳩荘」というそうです。

昭和6年にW・M・ヴォーリズの設計で建てられフランス文学者の
朝吹登水子が別荘として使っていたそうです。

一階居間は軽井沢別荘建築の中でも最上質だそうです。
ワンコは入れなかったので見ませんでした。

16karu3.jpg 
橋を渡って湖に浮かぶ島を散策。

餌をあげている子供の所にカモや鯉が集まってきました。
始めは興味深々で覗き込んでいましたが
例の・・・鯉の口パクパクに驚いたのかその場を逃げ出しました。

17karu3.jpg
奥の方へ行くと広い芝生広場が現れました。

マリンはリードを外して思いっきり走りたかったようです。

18karu3_20110729102702.jpg
ペイネ美術館へ行く最後の橋を渡っているときでした
ひと際激しい子供の声が聞こえてきました。
声のする方を見ると大きな空気のボールの中に子供が入って湖の上を
歩いている?転げ回っている?なかなか上手に立つことができないようです。

おもしろそうでやってみたかったのですが体重制限がありそうなのでやめました。

19karu3.jpg
ペイネ美術館に到着しましたがここもワンコNGです。


20karu3.jpg 
美術館の前のオブジェの前で記念撮影。

後ろにはペイネのハートのなる木が飾られていました。

21karu3.jpg
湖畔を引き続き散策しているとサマーカットのパピヨンさんにお会いしました。


22karu3.jpg
湖畔の北側にあるちびっこ広場の電動遊具で一休み。

ここへ来るまできつい上り坂が続いていました。

25karu3.jpg
ちびっこ広場の奥の小路を進んでいくと『明治四十四年館』に着きました。

明治44年に軽井沢郵便局として建てられた由緒ある建物を移築したそうです。
深沢紅子野の花美術館、レストランなどとして生まれ変わりました。
(国の登録有形文化財)

チェックインの時間が近くなってきたので宿泊施設へ向かうことにしました。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(14) | TB(0) |
2011-07-28 (Thu)
『白糸の滝』駐車場にマリンのフードを忘れたことにまったく気付いていない私たちは、
さて、どこで自分たちの朝食をどこで食べようかと、旅行情報誌をペラペラとまくって探します。
(こんなことからも計画性がまったくない旅行だということが分かりますね。)

いくら観光地でもペットと入れるレストランのオープンは10時とか11時くらいだわねー、
とあきらめかけたその時、ありましたよ。7時30分からオープンしているお店が。

1karu2.jpg
鬼押ハイウエー入り口から中軽井沢駅に向かって行く途中にある
『ハルニレテラス』さんです。

2karu2.jpg 
2009年7月にオープンした注目の新スポットです。

側を流れる湯川の清流に寄り添うように自生していた
100本を超えるハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、
9棟の和風モダンな建物が、ウッドデッキのテラスで繋がって建てられています。

3karu2.jpg
建物と周りの景色が調和していて、中軽井沢の人気スポットとなっています。

 

      4karu2.jpg
この辺一帯は『星のエリア』と呼ばれ、この9棟のモダンな建物と星野温泉トンボの湯と共に、
小さな街をつくっています。
個性的なショップとレストランが並んでいました。

7時半からオープンしているのはベーカリー&レストラン『沢村』さんだけ。
熟成酵母パンが自慢だそうです。
ここのテラス席はワンコOKです。

5karu2.jpg
8時ごろ行ったので、テラス席は既に満席でした。
こんなに気持ちの朝ですからワンコ連れでなくてもテラス席で食べたいもの。
マリン家はしばし待つことに。

お腹を空かせた一人が食べる気満々でいます。

6karu2.jpg
15分くらいで席に案内されました。
何を食べようかなー。

7karu2.jpg 
モーニングメニューはご覧の通りです。

朝から贅沢してはいけないと、厚切りトーストとソーセージ&ベーコンエッグを注文しました。
ドリンク付きのお値段です。
観光地だけあってお値段高め。(庶民のマリン家にとっては)

8karu2.jpg
ワンプレートに乗ったお料理が運ばれてきました。
マリンさん料理をチェックしてたかと思ったら、いきなり舌なめずりしましたよ。

マリンはもう食べたでしょ。 これはパパとママの。

9karu2.jpg
焼きたてパンがおいしかったです。
この雰囲気が料理をおいしくさせるのかもしれませんね。

10karu2.jpg
マリンもレタスの芯だけ食べたよね。

このモーニングメニューだけでなく、店内で売られているパンと飲み物を買って、
カフェ席で食べることもできます。その方がリーズナブルですよ。

11karu2.jpg
開いているお店は『沢村』さんだけですが、
観光客がたくさん歩いています。ワンコ連れも多かったですよ。
私たちも星のエリアを散策することにしました。

旧軽井沢の有名なお蕎麦屋の『川上庵』さんもここにありました。

12karu2.jpg
お名前なんて聞きようもないくらいワンコもいっぱい。


13karu2.jpg
インテリア雑貨のお店の前でパチリ。


15karu2.jpg
ウッドデッキのあちこちに置かれたテーブル席で勝手に休憩できます。
下には川が流れています。

16karu2.jpg
その川に沿ってトンボの湯を目指します。
楡の木の林の中をウッドチップの道が続いています。

17karu2.jpg
こんな場所では必ず下を覗くマリン。


18karu3.jpg
こんな景色が見えました。


19karu2.jpg
トンボの湯まで来ましたが、ここから先はワンコNGでした。
足湯でもあると最高だったのにね。
ここから駐車場に引き返しました。

そしてまた旅行情報誌をペラペラと・・・。

近くにドッググッズショップを発見。行って見ました。

20karu2.jpg 
ドッググッズショップ『QunQun』さんです。
ここはドッグカフェとドッグランも併設されています。

すてきなワンコ服がたくさんありましたが、お値段高め。
セール品もありましたが、マリンサイズのものは売り切れでした。
変わったワンコ服(お店オリジナルだそうです)があったのでそれを購入。

21karu2.jpg 
和柄で金太郎の前掛けみたいな服です。

あー。初日から財布の紐がゆるゆる。
これから先どうなる。

次はどこへ行こうかなー。
情報誌、情報誌・・・・。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(17) | TB(0) |
2011-07-27 (Wed)
お待たせいたしました。
軽井沢旅行記の始まり始まり~。

1karu1.jpg
おや。一発目からどよよぉ~~んなお顔のマリンさんですね。

それもそのはず。前日夜の9時頃自宅を出発したマリン家御一行。
夜の高速道路は大型トラックで混んでいました。

2karu1.jpg
夜中の0時の上信越道横川SAです。
日中は賑わっているはずのここもご覧のとおり真っ暗で人の姿もありません。

最後のトイレ休憩を済ませ軽井沢に着いたのが0時半くらいでした。
そのまま車中泊して朝を迎えたのです。

3karu1.jpg
霧が晴れてくると浅間山が顔を出しました。
狭い車内で寝苦しかったけれど、朝にはこんな景色が観られましたよ。

車中泊した場所は、鬼押ハイウエーと白糸ハイランドウェイの料金所近く、
小浅間山登山道入り口の駐車場です。
私たち以外にも早朝登山をする人たちが、同じく車中泊していました。

お天気がよさそうな1日目の軽井沢です。


まず最初に車中泊したところからすぐのところにある『白糸の滝』を目指しました。

4karu1.jpg
朝の7時には観光客はほとんどいません。
白糸ハイランドウェイも料金所に誰もいなかったので、無料で通ることができました。

軽井沢定番の観光スポットなので、観光シーズンは駐車場が足りなくなり、
人も多すぎて雰囲気を満喫できません。

だから早朝を選んで1番にここに来てみました。

6karu1.jpg
駐車場から歩いて3分くらいで滝に着きます。

このきれいな小川に沿って木立の中を歩いて行くと、

7karu1.jpg
『白糸の滝』です。

高さ3メートル、幅70メートルにわたって水が流れ落ちています。

8karu1.jpg
滝つぼの水も透明です。

マイナスイオンをたっぷりと浴びました。


9karu1.jpg
私たち以外に誰もいません。

さわやかな朝の空気に包まれて、水しぶきの音と鳥の鳴き声だけが聞こえてきます。

10kari1.jpg
こんなに近くに行くこともできます。

ちょうど朝日が滝を照らし始めました。

11karu1.jpg
いつもは人を気にしながら写真を撮るのですが、今はまったくその心配がありません。


12karu1.jpg 

始めマリンは滝の落ちる音にビクビクしていましたが、
だんだん慣れてきたようです。
(それまで耳がずっと後ろにピンとなっていたからね)


13karu1.jpg 
30分くらいここにいたでしょうか。
そろそろ朝ごはんにしましょうね。

14karu1.jpg
駐車場に戻ります。

早朝は寒いかと長袖のジャケットを着ましたが、
全く寒くありませんでした。


16karu1.jpg
木漏れ日がすてき。

そろそろ他の観光客もやってきたようです。

17karu1.jpg
駐車場の側の売店では、「おやき」やイワナの丸焼き・めずらしい鹿肉の「肉まん」など
信州ならではの名物が売られているのですが、やっと準備が始まったところです。

前に来た時は、パパと「おやき」を食べました。

売店横の休憩所でマリンは朝ごはんを完食。
フードをジッパー付きの袋に詰めて3日分持参しました。

後で気づいたのですが、ここでその袋を出したっきり、
何処を探してもその袋がないのです。

きっとここに忘れてきたに違いありません。

19karu1.jpg
なんとかなりますよ。心配しないで。

(その時は私達の朝食のことで頭がいっぱいだったので、
マリンのご飯を忘れたことにまったく気づいていません。)

はぁ~。珍道中の予感がここからもう始まりました。



今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(20) | TB(0) |