2011-07-29 (Fri)
中軽井沢にある『ハルニレテラス』さん・『QunQun』さんを後にして
南軽井沢に移動することにしました。

1karu3.jpg
南軽井沢にある『DOG GADEN RESORT KARUIZAWA』さんにやって来ました。

ここは食べること、ドックランで遊ぶこと、そしてショッピング(ワンコグッズ)もできる所です。

2karu3.jpg
オープンテラスから木立に囲まれたドックランがすぐに見えます。

行ったときにはまだ誰もいませんでした。

3karu3.jpg
一面ウッドチップが敷きつめられたドッグランで
森林浴しながらたっぷり遊びました。

24karu3.jpg
簡単なアジリテイがありその中でブリッジはなんなくクリアーしました。

5karu3.jpg
ドックランで遊んでいるとワンコがやってきてご挨拶です。


6karu3.jpg 
ハードルに挑戦しているときでした。

向こう側に先ほどのワンコが現れて、それを見たマリンがハードルの前で急にUターン 。
近くにワンコがいると萎縮してしまうマリンの性格。

ワンコがいなくなると楽々ジャンプできるのに・・・

7karu3.jpg
そろそろお昼近くになってきたのでお客さんが増えてきました。
みんなワンコ連れです。

私達もオープンテラスで昼食をとることにしました。

8karu3.jpg
私はパスタ、ママはキーマカレーを注文しました。

9karu3.jpg
マリンのワンコご飯もちゃんと注文しました。
ささみとキャベツです。

やっぱりマリンはフードよりこういう食事の方が食べっぷりがいい。
朝食のフードが少なめだったので、少しくらい食べさせても夕飯を控えればいいと思っていました。
(まだフードを白糸の滝に忘れてきたことに気づいていません)

食事後休んでからもう一度ドックランへ。
ドッグランにはたくさんのワンちゃんたちがいたので、
マリンは隅の方でボール遊びしました。

しばらく遊んだ後、ワンコグッズのショップへ。
食事が来る前にママはショップで欲しいものをチェックしていたようです。

10karu3.jpg
散歩バックに入れる物が多くなり、今まで使っていたバッグに
入りきらなくなっていたのでこのバックを購入。
セールで30%offでした。


さて、次に向かったのは・・・

11karu3.jpg 
湖畔に広がる自然と文化とミュージアムの『軽井沢タリアセン』です。

『タリアセン』とはウェールズ語で「輝ける額」という意味なのだそうです。
塩沢湖を中心に歴史的建造物やペイネ美術館をはじめとした3つのミュージアムや
レストランが点在する複合施設です。

建物内はワンコNGですが、湖を中心に散策したり、芝生広場で遊ばせることができます。
カフェのテラス席はワンコOKです。

12karu3.jpg
中央ゲートを通って中へ。

入口で出ていた噴水から流れている小川が中央を通って
塩沢湖に流れ込んでいます。

13karu3.jpg 
ブリキのオブジェがお店の前に飾ってありました。
このオブジェはショップでも販売されています。ワンコもありますよ。

14karu3.jpg
塩沢湖に面しているデッキまでやって来ました。

湖には沢山のボートが行き来しています。

15karu3.jpg
この建物は旧朝吹山荘「睡鳩荘」というそうです。

昭和6年にW・M・ヴォーリズの設計で建てられフランス文学者の
朝吹登水子が別荘として使っていたそうです。

一階居間は軽井沢別荘建築の中でも最上質だそうです。
ワンコは入れなかったので見ませんでした。

16karu3.jpg 
橋を渡って湖に浮かぶ島を散策。

餌をあげている子供の所にカモや鯉が集まってきました。
始めは興味深々で覗き込んでいましたが
例の・・・鯉の口パクパクに驚いたのかその場を逃げ出しました。

17karu3.jpg
奥の方へ行くと広い芝生広場が現れました。

マリンはリードを外して思いっきり走りたかったようです。

18karu3_20110729102702.jpg
ペイネ美術館へ行く最後の橋を渡っているときでした
ひと際激しい子供の声が聞こえてきました。
声のする方を見ると大きな空気のボールの中に子供が入って湖の上を
歩いている?転げ回っている?なかなか上手に立つことができないようです。

おもしろそうでやってみたかったのですが体重制限がありそうなのでやめました。

19karu3.jpg
ペイネ美術館に到着しましたがここもワンコNGです。


20karu3.jpg 
美術館の前のオブジェの前で記念撮影。

後ろにはペイネのハートのなる木が飾られていました。

21karu3.jpg
湖畔を引き続き散策しているとサマーカットのパピヨンさんにお会いしました。


22karu3.jpg
湖畔の北側にあるちびっこ広場の電動遊具で一休み。

ここへ来るまできつい上り坂が続いていました。

25karu3.jpg
ちびっこ広場の奥の小路を進んでいくと『明治四十四年館』に着きました。

明治44年に軽井沢郵便局として建てられた由緒ある建物を移築したそうです。
深沢紅子野の花美術館、レストランなどとして生まれ変わりました。
(国の登録有形文化財)

チェックインの時間が近くなってきたので宿泊施設へ向かうことにしました。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 旅行 | COM(14) | TB(0) |