2013-02-05 (Tue)
こんにちは♪ マリンママです。


話が前後しますが、土曜日に二本松市に行ってきました。

1少年隊

今、NHKの大河ドラマで「八重の桜」が放送され、
福島県会津若松市が話題にになっています。

戊辰戦争で「賊軍」として新政府軍の討伐の対象とされた会津藩。
会津若松城(鶴ヶ城)での籠城戦で女性でありながらスペンサー銃を持ち勇敢に戦った「新島八重」と
16、17歳の少年兵で組織され、落城とともに自害した会津白虎隊の悲劇の最後の話は
あまりにも有名です。


ここ二本松市にも戊辰戦争にまつわる悲劇のお話があります。

2少年隊
二本松観光センター「隊士館」です。




3少年隊
屋根の上に刀や銃を持った兵士の人形が並んでいます。




28少年隊
二本松少年隊をご存知でしょうか?


マリン家もそんなに詳しくは知らないのですが、
二本松城、通称霞ヶ城に行ってみましょう。
何か分かるかも知れません。

6少年隊



7少年隊
駐車場からりっぱな石垣と門が見えます。


中に入ってみましょう。

9少年隊
何かありますよ。



10少年隊
マリン、人じゃないよ銅像だよ。



11少年隊

二本松少年隊の由来が書いてありました。

戊辰戦争で二本松藩の大半の兵力が西軍を迎え撃つために出陣し、
城内・城下が空虚同然になりました。
残された少年たちの出陣嘆願に藩主がやむなく出陣許可を与え、
13歳から17歳までの少年62名が出陣しましたが、
二本松城は炎上し落城しました。

この戦争で少年隊の14名が戦死しました。


12少年隊

会津の白虎隊と違って二本松の少年兵には当時正式な名前がありませんでした。
大正6年に「二本松戊辰少年隊記」という回想録を記述した小冊子が配られ、
それから二本松少年隊と呼ばれるようになったそうです。


13少年隊
二本松城は今は霞ヶ城公園として一般に開放されています。




14少年隊
階段を上って門をくぐり、石垣に沿って歩いて行きます。



19少年隊
みごとなアカマツが並んでいます。


20少年隊
樹齢350年を越えるらしいです。



15少年隊
三の丸跡です。

融けかけた雪でグチャグチャです。
サンダル履きの私達はここから先に進めませんでしたが、
この先に本丸跡と天守台があるようです。

鶴ヶ城と違って天守閣の復元はされていません。
石垣だけ復元されています。


16少年隊
マリンは雪が残っているのがうれしいらしく
ひとりで走り回っていました。


18少年隊
昭和に再建された箕輪門を通って駐車場に戻ります。



21少年隊
ここで毎年秋に菊人形展が行われます。
去年パパとマリンが菊人形展を見に行きました。
(その記事はこちら←ポチッ)


さて、次の名所に行きましょうか。




22少年隊
えへへ~~。
ここのたい焼き美味しいんだよ。

何て言ったって「幻のたい焼」なんだから。


23少年隊
粉屋さんが作っているたい焼きです。
生地が美味しいのは当然ですが、あんこに使う小豆も種を丹波から取り寄せて
地元の農家に栽培してもらうというこだわりよう。
厳選された材料で作られているから当然美味しい。

お客さんが次々買いにやってきます。
たい焼きは4月までの販売です。

24少年隊
さあ、これをお土産に次の名所(!?)に向かうよー♪

明日に続きます。



今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 福島観光大使犬 | COM(12) | TB(0) |