2013-11-11 (Mon)
こんにちは♪ マリンパパです。

簡単に松明あかしの由来を・・・

須賀川勢(二階堂家)と伊達正宗軍との釈迦堂川での合戦で討で死にした
多くの霊を弔うために松明あかしが行われるようになったとされています。
詳しいことはこちらのHPで←ポチッ



1taimatuhonban.jpg
お祭りと言えば・・・
お祭り娘、ハッピを着たマリンの登場です。

観光大使犬のお仕事お願いしますマリンさん。


須賀川市内の松明通りで大松明と姫松明・本松明の披露が行われるので
午後から出かけました。

2taimatuhonban.jpg 

披露の時間にはまだ早かったのでまちなかプラザにある
おもてなし・イベント広場に行って、戦国鍋や松明スープを
ご馳走になり時間調整。




3taimatuhonban.jpg
その甲斐あってか二人の甲冑武者に遭遇♪
ラッキー♪
マリンは見慣れない甲冑武者が側に来たのでにワンワン!
チョット不機嫌に。




4taimatuhonban.jpg
今度は甲冑を着た武者がたくさん集まっているところにおじゃましました。
図々しく武者の輪の中に入って写真を撮らせていただきました。




5taimatuhonban.jpg
松明のお披露目の場所へ移動します。




6taimatuhonban.jpg


7taimatuhonban.jpg
地元の中学と高校の本松明が現れてきました。




8taimatuhonban.jpg
のぼり旗もお披露目に華を添えています。
見事なのぼり旗ですね。
中学生の手づくりなのかな?




9taimatuhonban.jpg
やっと大松明の所までたどり着きました。
マリンが居るのが分かるかな?




10taimatuhonban.jpg
大松明は長さが10mもあるんですよ。




11taimatuhonban.jpg
甲冑武者も大松明が気になるようです。




12taimatuhonban.jpg 
ハッピ姿のマリン・・・いろいろ。
周りが気になってキョロキョロしていました。




13taimatuhonban.jpg
担がれるときに正面になる場所に提灯も付けられました。




14taimatuhonban.jpg
大松明を担ぐ練習が始まりました。
みんなの心をひとつにしないと持ち上がらないし怪我をすることもあるんです。




15taimatuhonban.jpg
夜の部は人が多いのでマリンとママは家でお留守番です。
本当のことは暗くてマリンの写真が撮れないからです。

一旦みんなで自宅へ戻り昼の部のブログの整理。



それでは昼の部の動画をご覧ください。
音が大きいので注意してください。





ここからはマリンから引き継いだ私の報告です。


16taimatuhonban.jpg
私は16時半頃に十日山に陣取りました。 

丁度大松明が人力で建てられる所でした。
暗くなってきた頃にようやく大松明が真直ぐに。
 
松明を立てる作業は時間がかかるのです。




17taimatuhonban.jpg
18時から松明太鼓の演奏が始ま、り小松明行列の後に御神火隊が到着しました。
今年は風もあまり吹いてなくてそんなに寒くありませんでしたよ。




18taimatuhonban.jpg
18時40分頃に大松明に点火されて燃え始まったところです。




19taimatuhonban.jpg
順番に姫松明や本松明にも点火されていきます。
今回は動画に集中していたのであまり写真は撮れませんでした。




その代わりに動画をこれからご覧ください。
今回の動画も音が大きいので注意してください。


松明あかしに行けなかった方も日本三大火祭りのひとつ

須賀川松明あかしをご堪能していただけましたでしうょうか。


今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



スポンサーサイト



| 福島観光大使犬 | COM(10) | TB(0) |