2015-01-27 (Tue)
こんにちは♪ マリンママです。

今日はパパの5●歳の誕生日です。
プレゼントは何も用意してないのですが、
仕事の帰りにケーキでも買って帰ろうっと♪


さて、今日のお話は、、、。

土曜日に福島県の棚倉町に行ってきました。
天気が良かったので猪苗代で雪遊びをしたいところですが、
生憎パパは風邪引きさん。
咳が止まらないので外のドッグランで遊ぶのは無理でした。



目的地の駐車場にカエルの石像が、、、

1yamamoto.jpg

「カエル」を「無事に帰る」に掛けた願掛けです。



2yamamoto.jpg

駐車場からこの道を歩いて行きます。
冬なので木々の葉はすっかりなくなっていますが、
秋に来ると素晴らしい紅葉がみられます。



3yamamoto.jpg

赤い欄干の開運橋を渡ります。

こういうところに来ると必ず下を覗き込むマリン。



4yamamoto.jpg

橋の下には清らかな川が流れています。



ここは、

5yamamoto.jpg

棚倉町の山本不動尊です。
この霊場は弘法大師が東北行脚の途中に護摩壇を築き、
八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが山本不動の始まりで、
以後、付近の住民は安堵な暮らしができるようになったといわれています。

6yamamoto.jpg

手水舎で手を清めてから境内に入ります。



7yamamoto.jpg

こちらが護摩殿です。



8yamamoto.jpg

不動明王は、火生三眛といって常に火焔の中に住まわれて
衆生の煩悩を大智慧の火で焼き尽しお悟りに導くことを御本誓としていられるので
お護摩の秘法を不動明王の宝前で修行するのが最もふさわしく
人智人力を超越した有難い奇蹟、あらたかな霊験が顕現されるのだそうです。


マリン家では新車を購入した時に、ここで交通安全の御祈祷していただいてます。


9yamamoto.jpg



10yamamoto.jpg

この日はお線香を焚いて、マリンの健康をお祈りしてきました。
パパの風邪も早く治るといいね。



11yamamoto.jpg

境内には御影石で造られた七福神が乗った宝船があります。



12yamamoto.jpg

総重量4トン。
福をもたらす神様たちです。


境内にはぼけ封じの地蔵尊もあって、パパがお詣りしてました。



ここには奥の院と呼ばれるところがあります。

13yamamoto.jpg

境内の後ろの山の上です。
奥の院は巨岩を掘った洞窟の中にあります。
そこに御本尊が安置されているのです。



14yamamoto.jpg

ここまで来たら行くしかないでしょう。



15yamamoto.jpg

130段の石段を上っていかなければなりません。


お坊さんにワンコは抱っこすれば行ってもいいと言われたので
マリンも連れて行くことにしました。





18yamamoto.jpg

大同橋を渡って後ろの山へ向かいます。



16yamamoto.jpg

川を渡る途中でマリンが下を見て騒いでいます。



17yamamoto.jpg

透明度が高い川なのでニジマスが泳いでいるのが見えました。
ここでは釣りはできないのよ。



19yamamoto.jpg

130段の急な石段です。
石段の両脇には36童子(不動明王侍者)が祀られ、
上って行く人を助けてくれます。


20yamamoto.jpg




マリンは抱っこでは危ないので用意してきたバッグに入れました。

21yamamoto.jpg

急だけど手すりがあるから大丈夫よ。

さあ、行きましょう。



22yamamoto.jpg

休みながらでしたが石段を上り切りましたよ。




23yamamoto.jpg

奥の院には宮殿と弘法大師像が祀られていました。




24yamamoto.jpg

巨岩を削って造られたこの洞窟で弘法大師が悪鬼退散の修行を行ったんですね。
不思議なパワーを感じながら石段を下りてきました。

この石段を上り下りした影響が翌日に出ました。
ふくらはぎが筋肉痛です。

日頃の運動不足がこんなところに表れました。




25yamamoto.jpg

境内に戻ってお守り授与所でペットのお守りを探したのですが
置いてありませんでした。


なにやら境内に香ばしい香りが漂っています。
ここでウマウマ登場の予感がしたあなた・・・・正解です。


話が長くなったので続きは明日。
また見に来てくださいね。



今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| ドライブ | COM(4) | TB(0) |