12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-02-27 (Sun)
昨日からの続きになりますが、現在私たちがどこにいるかというと。

1rotukaku.jpg

この地図の現在地のところです。
福島県のいわき市から少し南下すると茨城県北茨城市。
昨日紹介した『天心記念五浦美術館』から海岸沿いにさらに歩いて南下したところです。

2rotukaku.jpg

六角堂のあるところまでやってきました。

六角堂に入るには、茨城大学五浦美術文化研究所というところに
入場料(200円)を払って入る必要があるのですが、
ワンコは入場禁止と言われました。残念。

20rotukaku.jpg

でもここから先に少し歩いていったら、

4rotukaku.jpg

チラッと海が見えたので、もう廃業したと思われる旅館の駐車場のほうへ
降りていったら、

5rotukaku.jpg 

眼下にきれいな砂浜が見えました。

道もそこまで続いていたので降りていきました。

6rotukaku.jpg

波の穏やかな入り江がありました。
プライベート海岸みたい。

ここが「五浦海岸」の5つ目の入り江、小五浦でした。

7rotukaku.jpg

ゴミのまったく無いきれいな砂浜で、波も静かに打ち寄せています。
マリン海に向かって駆け出しました。

いいぞ。波と戯れるマリンの写真撮るからね。
あ あれれ・・・。

8rotukaku.jpg

でも波打ち際でUターン。

9rotukaku.jpg

必死の形相で逃げてきました。

やっぱり海は苦手?
マリンという名前がついているのに。

10rotukaku.jpg

パパが戻ってこいとリードを引っぱっても抵抗。


11rotukaku.jpg

ここが波打ち際との限界距離のようです。


12rotukaku.jpg 

でも波が行ったり来たりするのを不思議そうにじっと見ていました。

この入り江を歩いていると 、

13rotukaku.jpg

さっき入れなかった六角堂がここから見えました。

明治38年に岡倉天心が、こんな断崖絶壁の上に六角形の建物を立て、
この中で瞑想にふけったそうです。

ここから写真撮れてよかったねとパパと話していたら、

14rotukaku.jpg

目を離していた隙に潮だまりの海水を舐めて逃げていくマリンの姿が。
海の水はしょっぱいと去年学習したはずでしょ。

15rotukaku.jpg 

実はこの写真の右手の上に『五浦岬公園』というとても見晴らしがいいすてきな公園があるのを
帰ってきてから知りました。 灯台もそこにあるようです。

その公園からだと五浦海岸や六角堂がすべて見えるようです。
私たちは美術館に置いてきた車を取りにここから戻りました。



そろそろお腹が空いたねと向かった先が『船頭料理天心丸』さんです。

16rotukaku.jpg

六角堂のすぐ近くにあるお店です。

ご主人が漁船を3隻持っていて、生きのいい魚料理を提供することと、
ダイナミックな盛り付けで有名なお店です。

17rotukaku.jpg

ママが頼んだ海鮮丼。1,365円(税込み)


18rotukaku.jpg

パパが頼んだミックス天丼。1,260円(税込み)

どうです。このボリューム。

海鮮丼のお魚は、普通の刺身サイズではなく切り身のような大きさで
器の中で折畳まっています。(何層にも)

天丼はご覧の通り器の高さの倍以上に天ぷらが盛られています。
乗っている魚もイカも丸ごと1匹。(開いてありますが)

驚くことにハサミがついてきます。
適当な大きさにハサミで天ぷらを切ってお召し上がりくださいと。
食べきれない方のためにお持ち帰りようのパックも準備されています。
天ぷらはほとんどパックに詰め、切り身のような海鮮丼を二人で食べました。

土日は予約でいつもいっぱい。
平日なら何とか入れるかなと、11時半の開店と同時にお店に予約せず飛び込みで行きました。

12時には満席で、予約せずに行ったお客さんはみな断られていましたよ。

19rotukaku.jpg

お留守番していたマリンはお店の外に並んでいた干物と記念写真 。
これ以上近づけたらお魚好きのマリンだから、パクッといっちゃうかも。

お腹がいっぱいになったところで(誰が?)どこか公園に行ってみよう。




今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| ドライブ | COM(12) | TB(0) |
コメント




























管理者にだけ表示を許可する