12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-02-15 (Wed)
こんにちは♪ マリンママです。

うさぎのお雛様をいただいことを記事にしたところ、
福島県内で『吊るし雛まつり』があることを教えていただいたので
早速月曜日に行って来ました。

1hina_20120213211033.jpg 

福島県の北の北。宮城県との県境に位置する福島県桑折(こおり)町です。


2hina_20120213211033.jpg 

春を待つ『桑折宿』雛めぐりは、歩いて地域を楽しめる地域づくりの取り組みの一つとして
発展してきたものだそうです。

街道筋の商店街、一般家庭、寺院、金融機関の軒先にお雛様や吊るし雛を飾って
観光客をおもてなししてくれます。


3hina_20120213211034.jpg 

『桑折宿』は奥州街道と羽州街道の分岐点にあり、
昔から街道の要衝としてさくさんの人々や物が交流して栄えた宿場町です。


4hina_20120213211034.jpg 

この建物は明治16年に伊達郡の郡役所として建てられたもの。
当時にしては珍しい洋風建築で今は国の重要文化財として
無料で見学できます。(月曜日は休館日でした)


臨時駐車場に車を止め、商店街を歩いて行くと
マリンが駆け出しました。

5hina_20120213211034.jpg 

お寺の門にも吊るし雛が下がっていました。
(マリンの目的は雪だったようです)


6hina_20120213211034.jpg 

子どもや孫の健やかな成長を願い、見守ってきた雛人形。
昔から受け継がれてきた新旧さまざまな雛飾りに加え、
特に今回は、桑折町に避難している浪江町の女性達と町内の女性達等が交流し、
古布や綿を持ちより「吊るし雛とさるぼぼ」一万個を目標に手づくりしたそうです。


7hina_20120213211120.jpg 

102か所の商店や民家にこの吊るし雛やお雛様、さるぼぼが飾られています。

『桑折宿』雛めぐりの散策マップを入手しました。
スタンプラリーで景品がもらえます。


8hina_20120213211120.jpg 

平日なので人通りは少なかったものの、マップを手にたくさんの人が歩いていました。


9hina_20120213211120.jpg 





10hina_20120213211121.jpg

歴史を感じさせるお雛様から大きなさるぼぼまで様々な人形が通りに面して飾られています。


11hina_20120213211121.jpg 

マリンも抱っこすればお店の中に入れました。


12hina_20120213211121.jpg 

さるぼぼの手づくり体験教室も期間中開催されています。



13hina_20120213211155.jpg 

通りには休憩所も設けられ、休みながら散策できます。



14hina_20120213211155.jpg 

ここでマリンをバッグイン。

それは、、、、

15hina_20120213211156.jpg 

温かいぜんざいをいただくためです。
箸入れにもお雛様が・・・


この日最後のぜんざいだったので一人分を二つに分けて半額にしていただきました。(100円)
お茶やコーヒーは自由に飲んでいいそうです。

16hina_20120213211156.jpg 

1.5キロメートルくらいの商店街散策。

たくさんのほほえみと温かいもてなしを受けました。







今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 福島観光大使犬 | COM(4) | TB(0) |
コメント




















管理者にだけ表示を許可する