12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-03-13 (Tue)
こんにちは♪ マリンママです。

何ということでしょう。
今日は昨日とうって変わって青空のいい天気。
どうせなら仕事が休みの日に晴れてほしいと思いながら
昼休みに窓の外をぼーっと眺めていましたよ。


まだ続きますよ、那須高原のお話。
食事をした後は那須の観光名所を回りました。

1church.jpg

こちらはセントミッシェル教会です。


2church.jpg

ゴシック様式で建てられたその美しい外観は緑と調和し、
ここが日本であることを忘れさせてくれます。

今は冬ですから少し寂しい感じがします。


3church.jpg

抱っこすればワンコも中に入れます。



4church.jpg

高さ4.5メートルのステンドグラスには教会の名でもある大天使ミッシェルが描かれ、
誓いの時をやさしく見守っています。
そのステンドグラスはもちろんですが、優しい音色を放つパイプオルガン、
重厚な扉、祭壇、聖書、椅子、その全てが英国オールセント教会から譲り受けたアンティーク。


5church.jpg

永遠の愛を誓う場所にふさわしく本物に包まれている教会です。


6church.jpg

那須高原でのリゾート結婚式はここが定番です。



21church.jpg

私たちの結婚式はホテルの式場で神式でしたから、
このような教会での結婚式に憧れちゃいます。

パパもう1回ウエディングドレス着たいよー。


22church.jpg

そんなのダメよ。




9church.jpg

礼拝堂の隣は、『那須ステンドグラス美術館』になっています。



10church.jpg

中世の貴族の館が残る英国地方の田舎町を那須高原に再現したような佇まい。
そんな貴族の館『マナーハウス』をモチーフに建物の資材をはじめ、
工法まですべて本物にこだわって建てられています。


11church.jpg

建物の中には3つの礼拝堂があり、そこには壁一面にステンドグラスが埋め込まれています。
礼拝堂を巡りながら美術鑑賞ができます。

館内のステンドグラスは、1800年代中心のアンティークステンドグラス。
特にセント・ラファエル礼拝堂の壁一面のステンドグラスは、その美しさに目を奪われるほどです

礼拝堂では時々ミニコンサートやパイプオルガンの演奏が行われ、
一般の人たちも自由に聴くことができます。


12church.jpg

さっきから建物の写真ばかりで、美術館の中の写真がありません。
美術館のなかもワンコOKですが、入館料をケチりました。
だって私たちは何度も中を見ているんだもの。

それに先ほどのセントミッシェル礼拝堂でマリンとステンドグラスの写真を撮るのは
難しいと感じました。
こういう薄暗いところで写真を撮るのは苦手です。

ステンドグラスのすばらしさは美術館のホームページでご覧ください。(こちら←ポチッ)


13church.jpg

花が咲いているときの敷地内は、ここが日本だということを忘れさせてくれます。




14church.jpg

こちらの建物はレストランとショップです。




15church.jpg

いくらなんでも今食べてきたばかりですからね。
ママはショップが見たいのよ。


17church.jpg

ママの買い物長いからね~ 。

こちらにはいろいろなガラス製品やおしゃれなグッズが置いてあるんですよ。
ちょっと見るだけだから、パパとマリンも付き合ってよ。


18churech.jpg

といいながらまたいろいろ買ってしまいました。
(今回のドライブで買い込んだものの特集記事は後日改めて書きます)




20church.jpg 

もう1ヶ所おもしろいところがあるから付き合って~。




19church.jpg

ということで明日まで続きます。

もう1日お付き合いください。




今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| 那須高原 | COM(6) | TB(0) |
コメント






















管理者にだけ表示を許可する