2012-07-14 (Sat)
こんにちは♪ マリンママです。

今日は7月14日。
マリンが住んでいる須賀川市のお祭りの日です。

1maturi_20120714205618.jpg
きゅうりのお祭り『きうり天王祭』
マリンも毎年お祭りのハッピを着て参加してます。


このお祭りは毎年雨が降ることでも有名。
去年も夕方から雷雨になったっけ。

2maturi_20120714205618.jpg
今日も曇り空でいつ雨が降り出してもおかしくない天気。

早めにお参りしてきましょう。
ってことで、午後から行ってきました。

お祭りが賑やかなのはやはり夜です。

市役所に車を止め歩いて行きます。
途中側溝の金魚さんにご挨拶。


3maturi_20120714205618.jpg
市役所から通り1本先なんですが、マリンはおいしそうな匂いにつられて
急いで歩いて行きます。

4maturi_20120714205619.jpg
お祭りの通りに出ました。

道の両側には露店が沢山出ています。
これも楽しみのひとつなんですよね。

5maturi_20120714205619.jpg
『きうり天王祭』は須賀川の特産品のきゅうりを2本供え、
お護符がわりに別のきゅうり1本を持ち帰り、
それを食べると1年間病気にかからないと言われています。


6maturi_20120714205619.jpg
ウマウマ食べる前に、まずはきゅうりをお供えしないとね。

7maturi_20120714210058.jpg
通りの先の広場に設けられた仮屋を目指します。
仮屋とはこのお祭りのために市内の旭ヶ丘神社内の岩瀬神社を
今日だけここに仮御殿として移設したという形をとっているのです。

祭神は石背の国17代国造 豊足彦だと伝えられています。
古記によると、生前の徳により、旭ヶ岡に祭られ岩瀬天王と称され、
生前、広いきゅうり畑を有していたことから「きうり天王様」と言われたそうです。

ある年、この地方に疫病がはやり、人々は尊の崇りであろうと考え、
旭ヶ岡から尊の霊をお迎えして祭事を行い、きゅうりを供えたところ、
疫病は消散し、その後は疫病にかかるものがなくなったそうです。

8maturi_20120714210058.jpg
マリンとパパがきゅうりを2本お供えしました。

きゅうりを2本あげて供えてあるきゅうりを1本もらって帰り、
それを食べると病気にかからないといわれるようになった伝統行事です。


9maturi_20120714210059.jpg
きゅうり1本と御供米、うちわをもらいました。

夜になると行列ができてなかなか前に進めないんですよ。


10maturi_20120714210059.jpg
通りには大きな張りぼてのきゅうりが横たわっていました。


11maturi_20120714210059.jpg
露店を覗きながら戻って行きます。

早い時間だったのでまだ準備ができてない露店が多かった。

毎年3万人の人出があるそうで、浴衣姿の女性が多いことから
浴衣まつりとも言われています。

P1230377.jpg
今年はこんな浴衣が流行っているみたいですね。





12maturi_20120714210059.jpg
テーブル席が準備してある街中のポケット公園で一休み。

私がウマウマ買ってきました。


13maturi_20120714210132.jpg
焼きそば、唐揚げ、きゅうりの1本漬け、ビール、ラムネ。
昼間飲むビールは最高!!

マリンは生のきゅうりを少しかじってます。

お腹いっぱいになりました。


14maturi_20120714210132.jpg
帰るまで雨は降りませんでしたが、やはり夕方6時ごろには雨が降り出しました。

やはり雨の祭りでもあるようです。



15maturi_20120714210132.jpg

こうしたお祭りが多いマリン地方。

ハッピ姿のお祭りワンコがいたら、マリンですよ。




今日もご訪問ありがとうございます。

パピヨンブログランキングに参加しています。やんちゃなマリンに1クリックお願いします
↓↓↓



| イベント | COM(20) | TB(0) |
コメント




































管理者にだけ表示を許可する